企業の味方!データレスキューセンター|Pマーク取得している業者

信頼できる業者探し

磁気ディスク

パソコンやハードディスク、USBやDVDなどのデータ復旧業者を探す場合は、ネットを活用してください。業者を比較検討できるサイトも存在していますし、公式のホームページも参考になります。

もっと見る

情報を保管

ネットワーク

地震が発生する日本では、リスクマネジメントが重要になります。万が一、大地震が発生してもいいように、クラウド上に大事なデータや情報のバックアップを取るようにしてください。すぐにデータを復旧することができます。

もっと見る

情報の扱いが重要

IT

朝職場に出勤して、最初に行うことはパソコンの起動です。ですがパソコンは精密機械ですので、ちょっとしたことでトラブルが発生したり、故障したりするでしょう。そのため、データレスキューセンターに連絡することが大事になります。連絡することで、職場まで担当のスタッフが駆けつけて修理や交換をしてくれます。パソコンだけでなくハードディスク、USBメモリーやメモリーカードなど多くのデバイスやメディアに対応しています。そのため、故障や交換することができます。

データレスキューセンターでは、症状に応じて料金が変化しています。トラブルの症状が比較的軽い場合は、4~5万円程度で修理することもできます。交換も行ってくれます。ですが、症状が重たいケースでは、専門知識を持っているプロの職人でも困難なケースも存在しています。修理やデータ復旧までに数か月かかることもあります。しかし、専門知識を持っていないとデータ普及作業はできないでしょう。そのため、データレスキューセンターが非常に便利です。

企業にとって大事な情報やデータを扱う業者なので、スタッフの一人一人は情報セキュリティに関する知識ももっていますし、プライバシーマークも取得しています。データレスキューセンターは情報の扱い方にたけている人材が豊富で、業務で得た情報を外部に漏らすことはないでしょう。そのため、パソコントラブルが発生した場合は、データレスキューセンターに連絡することをおすすめします。

おすすめサイト

情報のバックアップ

スーツの男性

情報やデータのバックアップを取る場合は、オンラインストレージサービスを利用したほうがいいかもしれません。そのため、現在は多数の業者が存在していますが、同期機能があるか確認することは大事です。

もっと見る